**爆弾の渦**


あたしの中には沢山の爆弾が仕込まれてる。
どこにあるのか検討も付かず、
ただ、毎日その爆発に怯えているだけ。



運良く見つける事が出来れば、
丁寧につまんでなんとか排除出来る。


もしも見つけられずに爆発してしまえば、
それは粉々に飛び散って体の隅々にまで転移する。



そうやって体中に広がっていって、
いつか体中、、
あたしごと支配されてしまうかもしれない。


そして、爆発してしまったら、元に戻れずにただ、
粉となって風に吹き飛ばされてしまうのかもしれない。




だけど、もしそうなったなら、上手くすればあの人の元へ辿りつけるかもしれない。




とりあえず今日も、ふいに点火してしまわぬよう、
小さな火に怯え、
笑ってごまかす時間が通り過ぎていく。




ちいさな期待と共に。

←←back